So-net無料ブログ作成
検索選択

イギリスのロックバンド『Muse』が好きです(2) [音楽]

前回の話は↓コチラ
イギリスのロックバンド『Muse』が好きです(1)

今日は仕事休みなのでのんびりと
過ごしているあずらいとです。

数字振っておいてなんなんですが、
今回はMuseの話ではなく
Radioheadについて。

とは言いましても、UKロックoasisから
入って次にミューズに行き、
そこで比較されることの多い
レディオヘッドについて知ることになった。
程度のものなので、
レディヘについて多くは語れません。


スポンサードリンク






メンバーもボーカル、ギター、ピアノ
務めるトム・ヨークくらいしか知りません。
あと、プロデューサーの
ナイジェル・ゴッドリッチは、
他に手がけたアーティストや、
トムと組んだバンドの
Atomos for Peaceの関係で覚えました。

レディオヘッドの代表的な曲は
『Creep』で問題ないかと思います。



基本的にはUSAロックのような典型的な
サビというものが無いと思います。
そして、どこかけだる感じのする音楽。
時々意図的に使われる不協和音など、
ちょっと鬱っぽくなる方も
いるかもしれませんね(笑

でも、私は癒されるんですよ!

スポンサードリンク






少し重いテーマの曲ですが、
私個人的には一番好きなのは
『2+2=5』です。

一瞬なんのこと?と思うかもしれませんが、
イギリスでもっともポピュラーな、
近未来を舞台にした小説「1984年」です。
その小説の中で洗脳のたとえ話にでてきた、
数式が2+2=5なのです。

日本的に言うと、
「白も黒と言えば黒」
というところですかね。

この小説は近年では村上春樹さんが、
「1Q84」という小説で題材にしてました。
また、レディオヘッドだけでなく、
ミューズもまたこの小説を題材に、
アルバムを一枚作っています。
2009年に発売された
『The Resistance』です。
こちらは今後取り上げると思います。

それで↓が『2+2=5』です。



暗いですよね?
不安になりますよね?
PVもかなりシュールなものですし。
ただ、かなりモダンな曲だと思います。
かっこいいなぁと、感じます。

ただ、結構古い曲なので、
音色などには古臭さが出てしまってますね。
でも、トム・ヨークは常に進化し続けて、
新しいサウンドを取り込んでいます。

その辺りはおいおい。
長くなってしまったので今回はここまで。



スポンサードリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(2) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。